STeP up スクール in 津《ライフル射撃競技 》

令和3年度 津市スポーツ競技力向上事業

 

STeP up スクール in 津 (ライフル射撃競技) は、

 

終了いたしました。

本年開催される『三重とこわか国体』に向けて、将来有望なジュニア選手を対象にトップアスリートの指導の下競技力向上を目的にスポーツ教室を開催しました。

●開催日:令和3年7月17日(土)、18日(日)、19日(月)

●会 場:三重県立久居高等学校(17日)、三重武道館(18日)、三重県営ライフル射撃場(19日)

●講 師:市村 忠 氏(国際大会出場選手)

●主 催: 津 市 

●主 管:NPO法人津市スポーツ協会、津市ライフル射撃協会

●後 援:津市教育委員会、津商工会議所、津市スポーツ・メッセネットワーク、中日新聞社、

     伊勢新聞社、三重ふるさと新聞、三重タイムズ社、NHK津放送局、三重テレビ放送、

     三重エフエム放送、ZTV、

 津市ライフル射撃協会から選抜された高校生23名を対象に、国際大会で優勝経験のある市村忠氏にご指導いただいた。17日は、ライフル射撃を行う上での考え方などの講義を行った。18日、19日は、実技指導として、基本技術の指導に加え、技術的なアドバイスを選手一人ひとりにご指導いただき、参加した選手は真剣に耳を傾けていた。

三重とこわか国体に出場する小倉凛選手は、『銃の構え方や、的の狙い方等普段したことのない練習方法を学ぶことができて、充実した3日間になった』また、同じくと三重とこわか国体に出場する近田正郁選手は、『国際大会にも出場されている市村先生にご指導いただき、少し成長できたと思う。すごく勉強になった。今後の練習生かしていきたい』国体に向けて意気込んだ。

市村講師より、『大会までの準備工程の中で、練習もそうだが、日常生活でも無駄なこと(マイナスになるようなこと)はしない。着実にプラスになっていることをする。』と参加選手に激励の言葉を頂いた。

当事業は、最新の国・県及び日本ライフル射撃協会の新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた指針に準じることを基本とし、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策をおこなった上で、開講いたしました。

アクセスカウンター