ごあいさつ

 

終戦の年、戦火の傷跡が大きく残るなか、スポーツを通して市民の精神的な支えになろうと、関係者の努力により昭和20年(1945年)11月2日に旧津市において「津市体育協会」が設立されました。また、平成18年には、市町村合併による新津市誕生に合わせ、地域を拡大し引き継がれました。

 

 この「津市体育協会」から発展し、より一層の社会貢献を目指して、平成24年10月1日付けで「特定非営利活動法人 津市スポーツ協会」は新たに設立しました。

 

 当協会の目的は、津市民の健康増進・体力向上と青少年の健全育成、競技団体の競技力・指導力の向上に努め、市民一人ひとりがスポーツに親しむ「生涯スポーツ社会」の形成に寄与することを目的としています。(定款第1章第3条「目的」より)

 

 現在、法人設立後5年を経過し、加盟組織・団体は1組織・41競技団体で、その傘下に約820団体、構成員約19,000名が加入する津市最大のスポーツ団体です。

 

 また、当協会の活動には、賛助会員として多くの法人・団体や個人の皆様に御支援いただいています。

 

 当協会の主な活動としては、市民体育大会や市民スポーツ教室を通じた競技団体等の組織強化、競技力の向上、国体等への選手の派遣、優秀選手の表彰事業のほか、広く市民を対象とした健康運動教室やイベントなど総合的なスポーツ推進事業を行っています。

 

 平成29年9月からは、津市産業・スポーツセンターに拠点(事務所)を構えており、平成29年10月オープンしたサオリーナや三重武道館をはじめ市内運動施設を活用し、多くの事業を実施しています。

 

 今後も、津市の総合的なスポーツ推進を担う団体として、さらなる活動の充実を図るほか、「三重とこわか国体」の成功に向けて取り組んで参りますので、引き続き、皆様のご支援ご協力をお願いします。

 

平成30年6月1日

 

特定非営利活動法人 津市スポーツ協会

           

          会長 乙部 満生


アクセスカウンター